SSCN1364[1]

ガパオライス
肉は大豆ミートと言って
大豆を肉のように加工した
ものです。
食感はひき肉と
変わりません^^



人は人にしてもらった感謝を

忘れてしまうのだろうか?

 

いつも母に気に入られることを

考え、母の笑顔を見て

安堵していた幼少期・・・

 

それは大人になると、

外の世界で

同じような現象を作ります。

 

人の視線や、評価が気になり

相手が機嫌悪くならないように

ご機嫌をとることをするのです。

 

毒親と言われる母親に育てられた

人は、大体がそんな人に対して

敏感な体質になることが多いのです。

 

相手のためにと思ってしてきたこと・・・

感謝が欲しいわけではなく

相手の機嫌が良くなればと思って

したことが、感謝されなく当たり前と

捉えられたとき・・・人間不信に

なる自分がいました。

 

それは、今でもあります。

でも、仕事柄、

沢山の人と出会う中で

強く、ホント強くなりました(笑)

 

言い返せる自分

間違っていることを言える自分

その分、自分の意見が言える

自分・・・

 

相手の意見をただ受け身だけでなく

それについて意見が出来ること

 

昔は何も言えなく、結局その場を去って

自分をリセットするしか術が無かった・・・

 

でもね、時には凹むことも沢山あるのです。

 

そんな時、母から言われたあの言葉を

思い出してしまいます。

 

あんたはわがままで自分勝手

 

他人からの評価はわかりません。

もしかしたら、私は他の人から見ても

わがままで、自分勝手なのかもしれない。

でも、母は、その言葉で私を洗脳する

ように育ててきたのは事実です。

 

あんたは人に対して

いつも不愉快に

させる性格なんだから

だからいじめられるの!

あんたが悪い!

 

小学校3年生くらいの時、

軽いいじめに遭った時

そう言われました。

 

それからずっと、私は人を

不愉快にさせる人間なんだと

なるべく相手のことを考えて

相手を怒らせないよう、

不愉快にさせないよう、

そうやって生きてきました。

 

でもね・・・

それは母からの

ある意味一種の洗脳でも

あったのだと、ここ数年で

ようやく気付いたのです。

ほんの数年前です、

気付いたの・・・

 

もちろん私も、多少なりとも

頑固で、一方的で、カッとなると

一気に怖い人になることもあります。

相手の気持ちよりも

自分を優先したいと思うことも

あります。

 

 

でも常に人を不愉快にさせたりは

していない。

相手の気持ちを考えるようにしている。

わがままをしょっちゅう

言っていることもない。

 

あんたが人を引っ張っていく

仕事をしているの?

(管理職に初めて就いた時)

部下がかわいそうだわ

 

そう言われた時、もう、仕事の

事すら話さない、そう決めました。

 

学生に教えているの?

(たまに保育士養成校で

講義をしていたとき)

学生がかわいそう

お兄ちゃんよりも

頭が悪かったあんたに

何が教えられるの?

(兄は優秀で国立大学を

出ています。)

 

 

嘲笑のような笑いを含みながら

そう言う母に

殺意さえ感じたこともありました。

 

とにかくあんたはわがままで

自分勝手なんだから

 

あの言葉が

未だに私を苦しめることが

あるのです。